文学解釈における価値最大化理論|スティーヴン・デイヴィス「作者の意図、文学の解釈、文学の価値」(2006)

Davies, Stephen (2006). Authors' Intentions, Literary Interpretation, and Literary Value. British Journal of Aesthetics 46 (3):223-247. [PDF]

 

ティーヴン・デイヴィスによるBJAの論文「作者の意図、文学の解釈、文学の価値」のまとめです。*1

「作者の意図と文学解釈」というホット・トピックにおいて、「価値最大化説」を定式化した重要論文です。同様の立場はそれ以前のDavies (1982)でも提唱されているが、その後出てきた諸ライバル理論を踏まえて書かれたのが本論文。この手の話題で参照されないことはない程度には定番の一本です。

〜〜ここまでのあらすじ〜〜

ウィムザット&ビアズリー(1946)「作者の意図はいりませーん!」【反意図主義】

バルト「作者は死んだ」「テクストと戯れるのだ……」デリダ「そうだそうだ!」【ポストモダン

ハーシュ(1967)「いや、意図も大事でしょ……」【意図主義リバイバル

⚔90年代〜00年代の論争へ🏹

キャロル、イスミンジャー、ステッカー、リビングストンほか「ほどほどに作者の意図使っていきましょうや」【穏健な現実意図主義】

レヴィンソン、トルハースト、ネハマス、カリーほか「〈理想的鑑賞者によって仮説される意図〉ってのがいいぞ」【仮説意図主義】

デイヴィス「🙋‍♂<価値最大化!」

関連する邦語文献だと、レヴィンソンの仮説意図主義については『分析美学基本論文集』に論文が収録されており、穏健な現実意図主義については『批評について』のキャロルと『分析美学入門』のステッカーが擁護している。いちおう『分析美学入門』でもデイヴィスの立場は引かれているのだが、詳細に検討されているわけではないので原典をあたってみました。

「芸術作品の解釈において作者の意図は関与的なのか、関与的だとすればどのように/どの程度関わるのか」という話題にご関心の向きであれば、面白くためになる議論のはずです。ライバル理論についても頁割いて検討しているので、トピック全体のサーベイとしても◎です。*2

*補足の一部と感想コメントは注に回しています。ところどころ本文中にも補足を付けている&主張を噛み砕いているので、デイヴィスの正確な記述が気になる方はお気をつけください。/*中見出しも、僕のほうで適時付けています。/*その読みはおかしい、というご指摘は随時募集。

  •  0.イントロダクション
    • 0.1.文学解釈に関するみっつの理論
    • 0.2.本論文の射程
    • 0.3.本論文の目的と主な主張
  • 1. 現実意図主義
    • 1.1.極端な意図主義と穏健な意図主義
    • 1.2.意図の実現に関するふたつの基準
    • 1.3.どこまで「証拠」として使ってよいのか
    • 1.4.現実意図主義では広すぎる
    • 1.5.現実意図主義では狭すぎる
    • 1.6.弱い現実意図主義
    • 1.7.カテゴリー的意図
    • 1.8.反意図主義と現実意図主義の対立点
    • 1.9.現実意図主義への評価まとめ
  • 2.仮説意図主義
    • 2.1.現実の作者から引き剥がす
    • 2.2.現実意図主義に対する仮説意図主義の利点
  • 3.仮説意図主義と価値最大化理論
    • 3.1.仮説意図主義も価値最大化をしている
    • 3.2.仮説意図主義はどこまでちゃんとした意図主義なのか
  • 4.価値最大化理論(および仮説意図主義)への反論
    • 4.1.価値最大化理論では広すぎる?
    • 4.2.価値最大化理論では狭すぎる?
    • 4.3.価値最大化理論における解釈の多様性
  • 5.まとめ
  • 文献一覧

*1:【参考】Stephen Davies:1950年5月28日生。ニュージーランドオークランド大学名誉教授。前アメリ美学会会長。JAAC、Philosophy Compass、SEPの編集に携わるなど、分析美学の中心人物のひとり。音楽美学、芸術の定義関連で本を出しまくっているほか、近年は美学的問題に関する進化論的アプローチを試みていることでも有名。

*2:【参考】すでにあるサーベイとしては、松永さんのブログ記事と、

河合さんの論文、

その他、日本語で読める文献については、森さんのリーディングリストをご参照ください。

続きを読む

村山正碩「視覚的修辞:エル・グレコからアボガド6まで」|『フィルカル』vol.5 no.2「特集描写の哲学」レビュー

f:id:psy22thou5:20201031194624p:plain

 『フィルカル』vol.5 no.2「特集:描写の哲学」収録の論文、村山正碩「視覚的修辞:エル・グレコからアボガド6まで」のレジュメとコメント(青字)です。

  • 1.描写における分離
  • 2.様式的変形と規範的鑑賞
  • 3.視覚的修辞
続きを読む

難波優輝「キャラクタの画像のわるさはなぜ語りがたいか:画像のふたつの意味と行為の解釈」|『フィルカル』vol.5 no.2「特集描写の哲学」レビュー

f:id:psy22thou5:20201031194647p:plain

『フィルカル』vol.5 no.2「特集:描写の哲学」収録の論文、難波優輝「キャラクタの画像のわるさはなぜ語りがたいか:画像のふたつの意味と行為の解釈」のレジュメとコメント(青字)です。

  • 1.問題を共有する
  • 2.1.ふたつの意味と行為
  • 2.2.解釈の手がかり
  • 3.キャラクタの画像のわるさはなぜ語りがたいか
続きを読む