「行為」は美学にとって真っ当な主題と言えるのか

7月27日土曜日に大妻女子大学で、「美と行為」をテーマにした公開ワークショップに登壇します。

6月はじめの勉強会で、「美的行為論の論文を書いている」と森さんにお話したところ、5人も登壇者が集まり、難波さんにおしゃれポスターを用意していただき、あれよあれよと大規模なワークショップに発展しました。ありがとうございます、とても楽しみです。

自分は「美しくする、美しくやる:なにが行為を美的行為にするのか」と題して話す予定です。要旨はこんな感じ。(他の方の要旨は上の森さんのブログにあります。)

なにが行為一般から美的行為を線引きするのか。本発表は、美的なものと形式の概念を結びつける古典的見解に基づき、美的行為を特徴づける。(1)行為の対象、(2)感性の行使、(3)美的評価からの動機づけが、いずれも美的行為をうまく線引きできないことは、興味深く、独特な仕方で美的と言える行為などないことを示しているように思われる。このような線引きの放棄に対し、私は美的行為を美的価値の担い手となる行為として同定するイージー・アプローチを提案し擁護するつもりだ。このアプローチに、美的価値についてのある種の形式主義を加えることで、美的領域に含まれる多層的な規範性について理解することができる。ときに、私たちにはアイテムから形式的欠陥を取り除く(すなわち美しくする)理由があり、ときに、その理由はさまざまな考慮事項によって拘束力を増す。しかし、より根底的な事実として、ある種の行為(演奏したり、発音したり、歩くこと)は、美しくなされなければならない。私たちに美への配慮があろうがなかろうが、私たちの美的行為は形式的欠陥を回避しなければならないのだ。

なのですが、問題の所在や背景を導入するパートが長くなりすぎてしまったので、ここで先出しします。私の発表だけでなく、今回のワークショップ全体の主題に関わる内容なので、予習に使っていただけると当日より楽しめるかもしれません。まぁ、今回のワークショップは「美×行為」での大喜利企画なので、話の方向性は発表者それぞれなのですが、少なくとも青田麻未さんのご発表には深く関わる内容だと考えています。

ワークショップの趣意文に「美学は伝統的に判断(judgment)・鑑賞(appreciation)を議論の中心に置きがちであった。しかし、近年の美学はその偏重を脱し、美的領域のより多様な側面に目を向けようとしている」とありますが、本エントリーはこの辺の解説です。

つい最近、青田さんによる日常美学本の背景解説として、同じような話を高田さんが書かれていました。本エントリーよりだいぶミニマルにまとまっているので、先に読んでおくのがおすすめです。

なので、本エントリーや上記ワークショップでの私の発表は、日常美学という、青田さんによって日本に紹介されたばかりの分野に対するコメントという性格を持っているとも言えます。日常美学については、本文のなかでも触れます。

前置きはこれぐらいにして、本題に移ります。

  • 美的なものの特徴づけという課題
  • 美的判断論と美的態度論
  • 美的経験論と日常美学
  • 美的行為論と美的価値論
  • バックラッシュ
  • まとめ
続きを読む

美しいものに感動する義務?

美的に良いアイテム(優美な絵画、壮大な自然風景、etc.)に、「感動すべきだ!」と言うことはよくあるが、そこには本当に義務と呼べるようなものがあるのだろうか。

サウサンプトン大学のダニエル・ホワイティング[Daniel Whiting]は、美的理由をめぐってよく読まれている論文「Aesthetic Reasons and the Demands They (Do Not) Make」(2021)のなかでこの問題を扱っている。結論として、特定の情動を抱くよう要求するような美的理由、美的義務はない。せいぜい「感動することに無理はない」「感動するのももっともだ」と言えるに過ぎず、「感動すべきだ」とまでは言えない。以下、ホワイティングの議論をさっくりまとめよう。

続きを読む

ベーシックな規範的概念はどれか:価値、理由、適合性

メタ倫理学というのは、どう生きればよいのかをめぐる規範倫理学に対し、そこに出てくる「良い[good]」や「べき[ought]」はそもそもなんなのかを考える分野である。私の専門は美学だが、美学は広義の価値論の一種であり、とくに最近はメタ倫理学方面の知見を引っ張ってくる美学者も多い。なので、私もコツコツ勉強しているが、まだ役牌ポンで上がれるようになっぐらいの段階だ。

私は美的価値をやっているので、自ずと関心は価値[value]ないし良さ[goodness]に関するメタ倫理学に集中している。最近、以下を読んである程度議論のポイントが分かってきたので、メモを兼ねて紹介しておく。

問題はこうだ。世界には価値を持ったものがあり、私たちにはあれする理由があったり、これするべきであったり、それをするのが適切だったりする。ここには、「価値[value]」「理由[reason]」「べき[ought]」「適切[fit]」が現れているが、これらが互いに独立していると考えるのは難しい。よりベーシックなものがあり、それを使って他の規範的概念を還元的に説明できるのではないか、というわけだ。例えば、

  • べきを理由で説明する:Vするべきであるとは、Vする十分な理由があるということに過ぎない。例えば、友達のお見舞いに行くべきであるとは、そうする十分な理由があるということ。
  • 価値をフィットで説明する:価値があるとは、pro態度(称賛など)をとることが適切であるということに過ぎない。例えば、ある人が善人であるとは、その人を称賛することが適切であるということ。

どの規範的概念を中心としてメタ倫理学をやっていくのか、というのが対立ポイントである。歴史的には、現代メタ倫理学の出発点となった『倫理学原理』(1903)で、G・E・ムーアが価値を中心にやっていこうとしたのだが、ムーアの言う還元不可能なgoodnessがあまりにミステリアスで訳わかんなかったので、後にべき派/理由派/フィット派が台頭した、という流れっぽい。もちろん、価値/べき/理由/フィット以外の候補があってもよいのだが、おおむねこの四つが有力みたいだ。

べき派のことはよく分からないので脇に置くが、今日の論壇ではとりわけ理由派とフィット派がバチバチにやり合っているようだ。

  • 1 理由派:バックパッシング説
  • 2 フィット派:適合態度理論
  • 3 誤った類の理由問題にどう対処するか?
  • 4 価値派
  • 5 雑感
続きを読む