obakeweb

インターネットと美学研究

「ビアズリーの美学」|スタンフォード哲学百科事典

f:id:psy22thou5:20200714154026p:plain
 本記事は、「スタンフォード哲学百科事典 Stanford Encyclopedia of Philosophy」収録「ビアズリーの美学 Beardsley's Aesthetics」の意訳&抄訳である。

モンロー・ビアズリー〈1915-1985〉は20世紀英語圏を代表する美学者のひとりであり、分析美学においてはフランク・シブリー(Frank Sibley)と並ぶ巨人とみなされている。シブリーが美的なもの(the aesthetic)という美学=感性学の根幹に切り込んだのに対し、ビアズリーは「芸術批評を扱うメタ哲学」としての美学を明確に打ち出していた。シブリーが、分析的伝統を汲みつつカント以降のオーセンティックな美学を展開していたのに対し、ビアズリーは言語論的展開を一層シリアスに(ことによると偏狭な仕方で)捉えた美学者であり、良くも悪くも「THE 分析美学」な美学を試みていた。

2005年のJAAC 63(2)号では「美学におけるビアズリーの遺産」としてシンポジウム特集が組まれているが、名だたる寄稿者たちが次のように紹介している。

「もしビアズリーの『美学』が出版されていなければ、美学がなんであるのか私が理解することは決してなかっただろうと思う。出版に先立ち、私はすでに二年間も美学教員をしていたにもかかわらず、である」「ビアズリーの本の出版は、20世紀の分析美学において、最重要な出来事のひとつであった」ジョージ・ディッキー(George Dickie)

ビアズリーの『美学』は、現代の分析芸術哲学にとって、根本的な貢献を果たした」ステファン・デイヴィス(Stephen Davies)

ビアズリーは、その後の20世紀において花開く分析芸術哲学の草分けとなった栄誉に浴している」ニコラス・ウォルターシュトルフ(Nicholas Wolterstorff)

ビアズリーの主著である『美学』は、いまでも英語圏の美学教科書として使われるような大著である。分析美学という分野の紹介としては最優先の一冊だが、残念ながら和訳はまだない(いかんせん、原著600ページ超という大作だ)。*1

また、本文中でも言及されるが、ビアズリーの名がもっともよく知られているのは、文学批評の「ニュー・クリティシズム」を牽引した論文「意図の誤謬」である*2。『美学』には「意図の誤謬」を発展させた議論も含まれており、文学研究・批評理論研究にとっても重要な文献だ。*3

ということで是非訳してほしいand/or訳したいので、本記事にはささやかなプロモーションとしての意図もある。ご検討いただけると幸いです。

 

  • 0.概要
  • 1.背景
  • 2.美学の本性
  • 3.芸術の存在論
  • 4.芸術の定義
  • 5.芸術家の意図
  • 6.内的なものと外的なもの
  • 参考文献

*1:絵画の表象に関わる第6章「視覚芸術における再現」だけは、『分析美学基本論文集』に収録されている。こちらも面白い。

*2:こちらは青の『フィルカル』2(1)号に訳があり、本稿の訳文もそちらからお借りした。

【追記】

当初〈ロラン・バルトの「作者の死」より20年も早く、批評における作者の意図を攻撃する体系的な議論があったことは、分析美学者以外にはあまり知られていないのかもしれない。〉という一文がありましたが、結局知られているのか知られていないのか謎な感じになっていたので削除。「作者の死」ほどではないけどふつうによく知られているよなと思いました。

*3:余談だが、数年前に大学院の講義で読んだ思弁的実在論×批評理論の文献では、結論として「最も思弁的実在論的な批評とは、ニュー・クリティシズムだ」と言われていた。評価の是非はともかく、今日においても再考する価値のある運動だと言えよう。

続きを読む

現代アートはわびしいか?|ジャン・ボードリヤール「芸術の陰謀」

f:id:psy22thou5:20200620165732j:plain

芸術終焉論について調べているついでに、ジャン・ボードリヤール「芸術の陰謀」を読み返した。

「芸術の陰謀」は1996年にパリの日刊紙『リベラシオン』に掲載された短い論考であり、後期ボードリヤールの有名な論考のひとつだ。原書の編集者注記によれば、「世界中で数多くの言語に翻訳され」「当時フランスでは、相当激烈な反応を引き起こした」そう。まぁ、ボードリヤールの書き物はだいたい激烈な反応を引き起こしているのだが。*1

最大限ラフにまとめるなら、現代アートって、根っからしょーもないのに、『そうそう、ウチらってしょーもないんすよ😉!w』などと開き直り、無知な観客を混乱させ、一周回ってしょうもなくなさそうに見せてるあたり、マジでしょうもない😤」という具合だ。たいへん面白おかしいのは、ここでdisられている同時代(80〜90年代)の現代アートには、ボードリヤールの諸理論に影響されたネオ・ジオやシミュレーショニズムが該当しており、理論的支柱からいきなり刺される、という体を成している点だ。*2

本稿は、「芸術の陰謀」がなにを根拠に/なにを主張しているのかを整理しつつ、この議論の射程をゆるく考える。

  • 80〜90年代の米国アートシーン
  • 「芸術の陰謀」レジュメ
  • 「芸術の陰謀」にどう反論するか

*1:傍目に見てもそれはひどいだろうという書評と、書評への批判は以下を参照。

*2:これは今回はじめて知ったことだが、アメリカの美術界においてボードリヤールを紹介したのは、1983年に出版された『Simulations』という小冊子らしい。『象徴交換と死』および『シミュラークルとシミュレーション』から、おいしいところをつまんできた160ページぐらいの冊子らしく、ことによると表面的な受容の一因になったのではないかと想像する。

続きを読む

「芸術作品は物的対象である」|リチャード・ウォルハイム『芸術とその対象』書評

f:id:psy22thou5:20200605203646p:plain

リチャード・ウォルハイム『芸術とその対象』(松尾大訳、慶應義塾大学出版会)をご恵贈いただきました。ありがとうございます。

リチャード・ウォルハイム(Richard Wollheim)はイギリスの美学者・哲学者。絵画をはじめとする視覚芸術について傑出した書き物をしているほか、美術史的には1965年の論文で「ミニマル・アート」の名付け親となった批評家としても有名。*1

 

Wollheim, Richard (1980). Art and its Objects: With Six Supplementary Essays. Cambridge University Press.

『芸術とその対象』は主著のひとつであり、1968年に初版が出たあと、1980年には六本の補足論文を追加した2ndエディションが出版されている。このたび出版されたのは、後者の全訳です。

正直、ウォルハイムの英語は僕には難しく、これまで「別の人の整理+該当箇所の確認」ぐらいで引くのが精一杯だったので、このたび邦訳で読めるのはたいへんうれしい。助かります。翻訳は偉大な仕事だ。

一通りたのしく読ませていただきましたので、以下かんたんな紹介です。ただし、なにを論じているのかというwhat部分だけをかいつまんで紹介しています。本書において重要なのは、それらがいかにして論証・反駁されているのかに関わるhow部分であり、こちらは実際にお手にとって確かめていただきたい。

ところで、「芸術とその対象」の要約についてはセオドア・グレイシック(Theodore Gracyk)による講義ノートが簡潔なので、そちらもおすすめ。

  •  芸術とその対象はなにを論じているのか
    • 物的対象仮説
    • タイプとトークン、音楽作品の存在論
    • うちに見る説と描写の哲学
  • ✂ 感想とコメント

*1:あと、フロイト精神分析についてもなにやら書いているそう。そちらの一面はよく知らないので、どなたか紹介してほしい。

続きを読む