美しいもの、もっと美しいもの

  • 美的理由についての前置き
  • 快楽主義
  • エンゲージメント理論
  • 共同体主義理論
  • ネットワーク理論
  • ✂ コメント
    • 参照文献

美的価値についての議論は引き続きたいへん盛り上がっているが、次の事実は意外なほどに無視されている。すなわち、美しさや優美さは比較・ランクづけ可能である。絵の下手な私が模写した《真珠の耳飾りの少女》は、フェルメールによるオリジナルほどには美的価値がない。

「趣味については議論できない」「美は見る人の目の中にある」を真に受けている人は、美的価値に上下があるという観察自体を否定したくなるだろう。「みんな違ってみんな良い」というわけだ。しかし、仮になんらかの観点から私の模写がフェルメールのオリジナルを凌いでいるのだとしても、それと同時に、前者が後者に比べて稚拙であり、覇気がなく、ごくふつうの意味において劣っていることを否定できるわけではない。芸術家やパフォーマーですら創作や上演に際しては、自らの一手一手を美的に評価しており、より力強いブラシストロークやより優美なターンをもたらすよう配慮している。美的価値における優劣が意味をなさないのだとすれば、これらの配慮を理解することは不可能である。

さて、価値があるとはそもそもどういうことか。近年の現代美学において広く受け入れられている分析によれば、価値があるとははなんらかの行為や反応をする理由を与える特徴をもつということだ*1フェルメールのオリジナルは、私の模写にはない精巧さをもつので、美術館に鑑賞しに行ったり、保護・修復・展示したり、見て感動を覚えるだけのより強い理由を与える。そう選択できる場合には合理的なエージェントはみなオリジナルを鑑賞するべきであるし、私の模写ではなくオリジナルを美術館に展示するべきである。オリジナルよりも私の模写に対してより強い感動を覚えるエージェントは、美的理由に照らせば不合理である。

ロビー・クバラ[Robbie Kubala]は近刊の論文「Non-Monotonic Theories of Aesthetic Value」で、このような等級づけ可能性[gradability]に加え、次のような原理を尊重することが、美的価値論にとっての重要な評価基準になることを訴えている。

単調性:対象Oに関してφする美的理由の強さは、Oの美的価値に沿って単調に変化する。
Monotonicity
: The strength of our aesthetic reasons to φ with respect to an object O varies monotonically with the aesthetic value of O.

フェルメールのオリジナル版《真珠の耳飾りの少女》は、私の模写よりも高い美的価値をもつ。したがって、前者を鑑賞する理由は後者を鑑賞する理由よりも強い。ここで、私よりもはるかに手先が器用だが、フェルメールほどではない美術部員が同じ作品を模写したならば、彼女の模写はオリジナルほどではないにせよ私の模写よりも美的価値が高いはずだ。したがって、彼女の模写を鑑賞する理由は、私の模写を鑑賞する理由よりも強く、オリジナルを鑑賞する理由よりも弱い。美的価値の大小が、そのまま、鑑賞する理由の大小となる。一見すると、これはすごく当たり前のことである。

しかし、クバラによれば、美的価値とはなにかに答えようとする理論の多くが、この単調性原理に違反したケースを認めてしまうのだ。具体的には、Nguyen (2019)とStrohl (2022)のエンゲージメント理論、Riggle (2022)の共同体主義理論、Lopes (2018)のネットワーク理論は、それぞれ美的価値と美的理由の強さが不釣り合いに変化するケースを許容してしまう。逆に、今日ひどく攻撃されている快楽主義は、単調性原理を尊重している限りでは理論的アドバンテージをもっている。

以下ではクバラの議論を紹介しよう。同時に、現代の代表的な美的価値論を三つまとめて紹介することになるので、本エントリーはかなりお得である。

*1:具体的にどのような行為や反応をする理由を与えるのが美的価値なのかというのは論争的な点だが、有力な見解のひとつとして、美的価値に駆動されるふるまいはなんらか特定的な意味での「鑑賞[appreciation]」である。クバラも、これに乗っている。

続きを読む

後期シブリーの美学

フランク・シブリー[Frank Sibley]の名前と結びつけられた仕事として、真っ先に思いつくのは「Aesthetic Concepts」(1959)と、その実質的な続編にあたる「Aesthetic and Nonaesthetic」(1965)だろう。前者は、美学者としてのキャリアの最初期に書かれた論文であり、20世紀美学において最も盛んに検討された論文のひとつとなった。

美的なものの議論においてシブリーの果たした貢献は改めて確認するまでもなく、絶大である。しかし、注目は上のふたつの論文に集中しており、その他の仕事はあまり引用されていない。このふたつは『Philosophical Review』という大手も大手の哲学ジャーナルに掲載されたことからも美学にとどまらない関心を集めたわけだが、その後シブリーは新設されたばかりのコーネル大学哲学科の運営に忙殺されたようで、いくつかのProceedingsや論集への寄稿を除けば、ほとんど論文を書かなくなってしまった*1。未発表のものも含めて、シブリーの書いたものをまとめて読めるのは、論文集『Approach to Aesthetics』が没後に刊行されたおかげである。目次と各章要旨については松永さんのエントリーを参照。

本記事では、シブリーがそのキャリアの最後期において取り組んでいたアイデアを紹介する。論文集で言うと、以下の三部作がこれに該当する。

  • 12章:述定的な形容詞と限定的な形容詞 [Adjectives, Predicative and Attributive]
  • 13章:美的判断:小石、顔、ゴミ捨て場 [Aesthetic Judgements: Pebbles, Faces, and Fields of Litter]
  • 14章:醜に関するいくつかの注記 [Some Notes on Ugliness]

共通して扱っているのは、哲学者ピーター・ギーチ[Peter Geach]が提示した、述定的形容詞と限定的形容詞の区別である。美学そっちのけでこの区別について検証したのが12章、「美しい」という形容詞に関して応用したのが13章、「醜い」という形容詞に関して応用したのが14章である。

どれも生前に出版されることはなく、ひとつ目以外は完成した論文というよりも、ドラフトにとどまっている。査読を通った論文たちではないので、分析哲学者からは引かれにくい、という事情もあるかもしれない。

Approach to Aesthetics』はいまコツコツと翻訳が進んでいるが、私は13章を担当していることもあり、この時期のシブリーのアイデアに興味を持った。結局、シブリーはこの仕事を完遂することができなかったわけだが、そこには検討に値する主張が散らばっている。

  • 述定的vs限定的
  • 「美しい」は述定的か限定的か
  • 「醜い」は述定的か限定的か
  • ✂ コメント
    • 参考文献

*1:教え子のColin Lyasが語るところでは、「Aesthetic Concepts」ですらも、完璧主義者のシブリーは出版をためらっており、知人に進められてしぶしぶPhilosophical Reviewに出したらしい。

続きを読む

美的なものと芸術的なもの

  • 1 美学は芸術の哲学なのか?
  • 2 芸術抜きの美学?
  • 3 美学抜きの芸術?
  • 4 ビアズリー、ディッキー、シブリー
  • 5 美的なものと芸術的なもの、その後
    • 参考文献

1 美学は芸術の哲学なのか?

博士論文(80,000 words)をあらかた仕上げて予備審査に出したので、ゴキゲンのブログ更新。

博論でも取り上げている話だが、私の専門である美学/芸術哲学への入門的な話題としてよさそうだったので、一部ネタを抜粋して再構成してみた。なにかというと、美学と芸術哲学の関係性についての話だ。*1

美学[aesthetics]は、なんの専門家でもない人にとっては「男の美学」「仕事の美学」とか言われるときの流儀やこだわりを指す日常語であり、もうちょっと詳しい人にとっては、芸術哲学[philosophy of art]の同義語だ。英語でも事情は同じらしく、aestheticsが専門だと言えば、artについてなんか研究している人だと思われがちらしい。

日本美学会の大会プログラムなんかを覗けば、美学というラベルのもとで個別の芸術作品や芸術家や芸術運動について研究している方がたくさん見つかるだろう。ややこしいことに、日本の「美学」は芸術哲学ですらなく、芸術学(science of artとかart studies)というディシプリンに近いのだが、なぜこんなことになっているのか私には分からないので、日本の事情は脇に置く。*2

とにかく、美的[aesthetic]というラベルは、芸術的[artistic]というラベルと、かなり密接なものとして理解されてきたし、理解されているわけだ。カジュアルには、芸術の持つなんか特別な価値のことを、美的価値と言ったりする人もいるだろう。あるいは、美しい風景の美しさを褒めるのに「芸術的だ」と言うことも多い。

しかし、専門家にとって美学とは、襟を正して「感性的認識の学」と紹介されるアレのことであり、18世紀に二十歳そこそこのバウムガルテンというドイツ人が創始し、カントが『判断力批判』で盛り上げた特定の学問分野を指す。おそらくあまりミスリーディングでない訳語としてaestheticsとは感性学であり、感性という特定の知覚・認知モードを主題とした学問のことである。標準的には、頭を使って考え結論することとは対照的に、ぱっと見たり聞いたりすることで即時的になにかを把握するという点から、感性的認識は特徴づけられる。「考えるな、感じろ」というわけだ。こういった性格から、現代ではベンス・ナナイ[Bence Nanay]源河亨さんのように、知覚の哲学と密接に結びつけて美学を論じる人たちもいる。

ややこしいことに、伝統的に美学者たちは、感性的認識のパラダイムケースとして美しいもの、とりわけ美しい芸術作品を熱心に取り上げてきたのだ。優美な絵画を見て、考えるよりも先にグッと来る経験こそがプロパーな美的経験だとされ、作品経験の外にある実生活まで忘れて没入してしまうのが美的態度であり、そういった経験を与える作品には美的価値=芸術的価値がある、などなど。このようにして①感性、②美、③芸術の三位一体からなる学問分野として、美学は発展してきた。*3

実際には、芸術作品以外にも、感性的認識の対象となりうるアイテムはいろいろある(e.g., 壮大な風景、きれいな人)のだが、なぜか芸術作品ばかりフォーカスされてきた。ヘーゲルは自然美より芸術美ほうがえらいと考えていたようだし、ウォルハイムやサヴィルに至ってはまず芸術への美的経験があって、それが派生することではじめて自然物への美的経験があるとされる。歴史的にいろいろと事情はあるようなのだが、正直あれこれ読んでも私にはそこを結びつける必然性がほとんど理解できていない。美的なもの(美的経験、美的態度、美的価値、美的性質などなど)の概念と、芸術の概念は、どちらも他方に依存しているようには思われない。

ということで、私は切り離し派だ。美学と芸術哲学は、もちろん無縁ではないのだが、どちらも他方を含意したり要請するものではない。美的なものの領域と芸術的なものの領域は、部分的にオーバーラップするだけなのだ。この見解は、博論のなかで擁護するつもりだが、本エントリーでは関連する議論の背景だけまとめておこう。

*1:タイトルはシブリーの「美的なものと非美的なもの」のパロディを意図していたが、調べてみたらDavid Bestなる人が1982年にその名も「The Aesthetic and the Artistic」という論文を書いていた。読んでみたいが、図書館の購読対象外なので手に入らない……。

*2:ちょっとだけこの話をすると、日本における「美学」は、経緯はともかくガラパゴス化していると言うべきだろう。まず、文学部という訳わからんdepartmentの下に哲学科がある時点で結構きびしいと思うのだが、たいていの場合、美学研究者は哲学科ではなく美術史や芸術学とセットの別の科に振り分けられている。美学がまずもって哲学であることが、そもそもほとんど認識されていないように思う。学振の区分でも、美学は哲学ではなく芸術学の下位にある。

それは別にいいとして、部分的に「美学」を冠した学科に入っても、プロパーな意味での(つまり、バウムガルテンやカントと同じタイプの仕事をしているという意味での)美学者がいるとは限らない。しばしば、構成員は美学研究者か、なんなら美術史研究者であり、JAACやBJAに載るようなタイプの論文を読み書きしているわけではない。例えば、現在の慶應美美には(ひとつ目のビに反して)専門に美学を掲げる教員が一人もいない。

ある意味では、「美学」のラベルで私の認識する美学の仕事とはかなり異なる仕事をしている人たちにこそ、本エントリーへの意見を伺ってみたいところだ。歴史に関しては、私なんかよりもはるかに詳しいはずなので。(『なぜ美』WSで美学会に登壇したときにこの話を振ってみてもよかったかもしれない。)

*3:私は美学の専門家ではないので、この辺りの話は手癖でざっと書いている。詳しくは『美学』『西洋美学史』『美学辞典』を読むべし。

続きを読む