obakeweb

インターネットと美学研究

RICOH AUTO HALF

 フィルムカメラを買った。先月末のことだ。

 オススメしてもらったリコーのオートハーフ。ハーフカメラというヤツだ。縦長のハーフサイズで撮影するため、一本のフィルムで通常の倍撮れる。フィルムとしてブチ込んでいるFUJIFILMのSUPERIA X-TRA 400が、36枚撮り×3本パックで1500円ほどなので、計算式は次の通りになる。

 1500円÷{36枚×(2倍)×3本}≒7円。

1パシャごとにたったの7円。実際には誤差でもうちょい撮れるので、単価はさらに安い。とにかくランニングコスト面が◎。フィルムカメラ初心者としてはかなり嬉しい。これを最初に伝えたかった。


 先日、加工作品にも使った鶴見川の一枚。夕方5時頃。カメラを真っ直ぐに向けると、iPhone風の縦長写真になるが、個人的には横向きにして使うのが好み。ギターアンプジャズコーラスを横倒しにして使うのと、だいたい同じだ。

 こう平然とカメラの話をしているが、ぼくがかつてどれだけカメラアンチだったのか知ってる人からしたら、びっくりするだろう。人を写したスナップ写真はともかく、観光地の写真なんてGoogle画像検索すれば見られるじゃん、と言っていたのは他でもない、ぼくだ。ずいぶん丸くなったな、と自分でも思う。

 目の前の体験をないがしろにしてまで写真を撮る、というのには相変わらず反対だ。今でも覚えているが、数年前に横浜美術館で見かけた中学生のグループは、ろくに作品を見ることなくパシャパシャと写真だけ撮って早足で通り過ぎていった。あきれた、というほどではないが、時代はここまできたかー、と思った。彼らにとって、美術館で目にするイメージと、デジタル化されたjpgイメージ間に大きな差異はない。時代遅れなのはぼくたちかもしれない……が、今日はそういう話をしたいわけではない。

 現在使っているオートハーフは、ヤフオク!で落札した。中古で10,000円ぐらい。素人には状態のいいものかどうかすら判断できないが、楽しく使わせてもらってるのでオールOKだ。

 オートハーフといえば、現像に出すと2枚が1枚にまとめられて出力されると聞いていたが、カメラのキタムラさんが親切なのか、ちゃんと1枚1枚データにしてくれる。

 焦点距離は2.5mの固定で、ちゃんと離れてさえいればそこそこ綺麗に写る。自動露出機能つきで、室内など暗いところでは「撮れないよ〜」の赤ポイントが表示されるが、なんだかんだ撮れたりするのが萌えどころ。

 下の一枚、ぶれてるけど青の発色が素晴らしい。空は青い、という当たり前のことを再発見した。

 それにしても、このサイズ感は良い。上着のポケットに忍ばせて、シャッターチャンスにはさっと取り出せる。ぜんまいの巻き上げ式なので、1パシャごとにまかずとも連写ができる。絞りもオートを選べば、もうなにも考えずにパシャパシャ撮れる。

 逆説的だが、カメラアンチのためのカメラだと思う。オブジェクトと向き合い、コンポジションを整え、唯一無二の一枚を撮る、という経験に対するカウンターアイテムだ。この無機質でフラットなボディから言って、大量消費時代の産物を思わせる。たいての機能は自動化されていて、おまけに撮影単価が安い。リコーオートハーフは、カメラ界のファストフードだ。

 主体と行為の媒介としての「道具」を想定するなら、オートハーフは極めて異質であり、「道具」たり得ない道具だ。ここまで自動化されてしまうと、「ぼくが撮っている」というよりも、「オートハーフが撮っている」という感覚が支配的になる。スマホのカメラだったら、撮ったあとすぐに確認できるが、フィルムカメラなのでそういうわけにもいかない。オートハーフ君は勝手に写真を撮り、いじわるなのでぼくには見せてくれない。カメラを被写体に向け、シャッターを押すぼくは、ただその手伝いをしているだけなのではないか。論考「ポスト・ヒューマン:リコーオートハーフに見る作家の不在」、いかがだろうか?

 写真、というメディウムについてはまだまだ考えるべきことがある。

 しばらくは何も考えず、一回につき7円のシャッターを切り続けたい。