obakeweb

オバケウェブ

Playlist:「ファンク・ギターの50年」1965-2018

f:id:psy22thou5:20180916220920p:plain

 

 

  1. James Brown「Papa's Got a Brand New Bag」(1965) Jimmy Nolen
  2. James Brown「Cold Sweat」(1967) Jimmy Nolan
  3. James Brown「I Got the Feelin’」(1968) Catfish Collins
  4. James Brown「Ain't It Funky Now」(1970) Catfish Collins
  5. James Brown「Super Bad」(1970) Catfish Collins
  6. James Brown「Sex Machine」(1970) Catfish Collins
  7. Sly & The Family Stone「Sing A Simple Song」(1968) Freddie Stone
  8. Sly & The Family Stone「I Want to Take You Higher」(1969) Freddie Stone
  9. Sly & The Family Stone「Thank You」(1969) Freddie Stone
  10. The Meters「Cissy Strut」(1969) Leo Nocentelli
  11. The Meters「Look-Ka Py Py」(1969) Leo Nocentelli
  12. Funkadelic「Maggot Brain」(1971) Eddie Hazel
  13. FunkadelicSuper Stupid」(1971) Eddie Hazel
  14. Funkadelic「Red Hot Mama」(1974) Eddie Hazel
  15. Grant Green「Ain't It Funky Now」(1970)
  16. Grant Green「Jan Jan」(1972)
  17. Funk, INC.「Bowlegs」(1971)
  18. Boogaloo Joe Jones「Black Whip」(1973)
  19. Melvin Sparks「Texas Twister」(1973)
  20. O’Donel Levy「Bad Bad Simba」(1974)
  21. The Isley Brothers「That Lady」(1973) Ernie Isley
  22. Kool & The Gang「Jungle Boogie」(1973) 
  23. Tower of Power「What is Hip」(1973) Bruce Conte
  24. Rufus「Tell Me Something Good」(1974) Tony Maiden
  25. Average White Band「Pick Up the Pieces」(1974) 
  26. Average White Band「Cut the Cake」(1975)
  27. Earth, Wind & Fire「Shining Star」(1975) Al McKay
  28. Ohio Players「Love Rollercoaster」(1975) Leroy "Sugarfoot" Bonner
  29. Wild Cherry「Play That Funky Music」(1976)
  30. Eddie Hazel「California Dreamin’」(1977)
  31. Sam & Dave「Soul Man」(1967) Steve Cropper
  32. Jackson 5「Never Can Say Goodbye」(1971) David T. Walker
  33. Phil Upchurch「Inner City Blues」(1971)
  34. Dennis Coffey「Scorpio」(1971)
  35. Curtis Mayfield「People Get Ready」(1971)
  36. Curtis Mayfield「Superfly」(1972)
  37. Donny Hathaway「What's Going On」(1972) Phil Upchurch / Cornell Dupree
  38. Cornell Dupree「Teasin'」(1974)
  39. Marlena Shaw「Feel Like Makin' Love」(1975) David T. Walker
  40. Herbie Hancock「Hang Up Your Hang Ups」(1975) Wah Wah Watson
  41. Wah Wah Watson「Goo Goo Wah Wah」(1976)
  42. Stuff「Foots」(1976) Cornell Dupree
  43. Chic「Le Freak」(1978) Nile Rodgers
  44. Chic「Good Times」(1979) Nile Rodgers
  45. Earth, Wind & Fire「Jupiter」(1978) Al McKay
  46. Earth, Wind & Fire「September」(1978) Al McKay
  47. ParliamentFlash Light」(1978) Catfish Collins
  48. Bee Gees「Stayin' Alive」(1978)
  49. Raydio「More Than One Way to Love a Woman」(1979) Ray Parker Jr.
  50. Donna Summer「Bad Girls」(1979)
  51. Kool & The Gang「Celebration」(1980)
  52. The S.O.S. Band「Take Your Time」(1980) Bruno Speight
  53. Zapp「More Bounce To The Ounce」(1980)
  54. The Brothers Johnson「Stomp!」(1980)
  55. Cameo「Shake Your Pants」(1980)
  56. Luther Vandross「Never Too Much」(1981)
  57. The Time「The Walk」(1982) Jesse Johnson
  58. Michael Jackson「Don't Stop 'Til You Get Enough」(1979) David Williams
  59. Michael Jackson「Billie Jean」(1982) David Williams
  60. Prince「Purple Rain」(1984)
  61. Prince「The Everlasting Now」(2001)
  62. Jamiroquai「 Love Foolosophy」(2002)
  63. Lettuce「Squadlive」(2002) Eric Krasno / Adam Smirnoff
  64. The New Mastersounds「Carrot Juice」(2006)
  65. The New Mastersounds「In The Middle」(2016) Eddie Roberts
  66. Daft Punk「Get Lucky」(2013) Nile Rodgers
  67. Mark Ronson「Uptown Funk」(2015) 
  68. Vulfpeck「Christmas in L.A.」(2015) David T. Walker
  69. Vulfpeck「Cory Wong」(2016) Cory Wong
  70. The Fearless Flyers「Ace of Aces」(2018) Cory Wong
  71. 山下達郎「Paper Doll」(1978)
  72. 山下達郎「Sparkle」(1982)

 

 

1-14 ファンクの誕生

15-20 ジャズファンク

21-30 70年代ファンク全盛期

31-42 スタジオ・ミュージシャン

43-57 ディスコ

58-65 MJ〜2000年代

66-70 モダンファンク

71-72 ジャパニーズファンク

 

 

[追記]

ファンク・ギター入門アルバム

まずはこの5枚から

 

James Brown - ギター:Catfish Collins

『Love, Power, Peace: Live at the Olympia, Paris, 1971』(1992)

f:id:psy22thou5:20180917122135j:plain

 

 

Sly and the Family Stone - ギター:Freddie Stone

『Stand!』(1969)

f:id:psy22thou5:20180917122407j:plain

 

 

The Meters - ギター:Leo Nocentelli

The Meters』(1969)

f:id:psy22thou5:20180917122525j:plain

 

 

Funkadelic - ギター:Eddie Hazel

『Maggot Brain』(1971)

f:id:psy22thou5:20180917122653j:plain

 

 

Grant Green

『Live at The Lighthouse』(1972)

f:id:psy22thou5:20180917122735j:plain

 
 

ファンク・ギターの50年:人物、歴史、スタイル

f:id:psy22thou5:20180915203009p:plain

ファンク・ギターとはなにか

 

僕は学部生のころ、ブラック・ミュージックを専門に演奏するサークルに所属していた。

ファンク・ギタリストとして4年間活動し、改めて思うことがある。

「ファンク・ギターってなんだ?」

 

折しも分析哲学という「言葉遣いや概念の定義を扱う学問」に携わっている身として、この問題を一身に引き受けようと思った次第。

それから数日、メインで研究している作者性だとかサブで研究しているVaporwaveを放り投げ、驚天動地の熱意でもって書きあげたのが本稿である。*1

 

*1:ただし、本稿はブログ記事の類であって、学術論文を意識したものではない。驚くべきことに、いくぶんか存在するであろう先行研究の大半を無視して、本稿は書かれている。

続きを読む

分析時空論のスヽメ:四次元主義vs三次元主義

f:id:psy22thou5:20180902213318p:plain

 

今回お勉強してきたのは時間と空間の哲学

まさに形而上学の超王道。時間、空間、世界、その中で生きる我々とはどのような存在者なのか、考える。哲学勉強したてのころからずっと興味のあった分野です。

普段はこういうゴリゴリの形而上学ではなく分析美学が専門なのですが、芸術を考える上でも「時間」や「空間」は無視できない。とりわけ本稿で主題的に扱う「通時的同一性」の問題は、芸術の存在論芸術の定義においても、重要なヒントを与えてくれる。

 

入門的な内容です。

ということで、以下目次。

  • 現代時空論小史 
    • そもそも何が問題なのか:「変化のパズル」
  • 永久主義と現在主義
    • 永久主義
    • 現在主義
  • 四次元主義:時間的部分を認める
    • 四次元主義への批判
  • 三次元主義:時間相対的な性質
    • 三次元主義への批判
  • 簡単なまとめ
  • コメント:
    • 非中間サイズの時空論
    • 「存在しないものはどこに存在するのか」
    • 未名のオブジェクト
  •  参考文献

 

続きを読む